Just another WordPress site

menu

主婦キャッシング解説※簡単!借りれらるカードローンの見分け方

たったこれだけ!主婦がキャッシングするときの必要書類

必要書類は審査に通過してから提出します。
申込み時点ではまだ必要ありません。

キャッシングの審査は早ければ30分程度で完了します。
すぐ手続きができるようによういしておくことをおすすめします。

キャッシング契約に提出する必要書類

運転免許証・健康保険証・パスポートのいずれか1つとされていますが、キャッシング会社からは顔写真・住所・氏名・生年月日が記載されている運転免許証が一番好まれます。
外国籍の方は外国人登録証明書・在留カード・特別永住者証明書のうち1つとなります。

もしも現住所と本人確認書類の住所が違う場合

どの金融会社でも契約する以上、提出書類と現状の個人情報が合致していなければいけません。
引越しで免許証の住所が変更できていないなどの場合は追加で下記書類もいずれか1つ、追加で必要です。

  1. 公共料金(電気・ガス・水道・NHK)か社会保険の請求書か領収書
  2. 住民票の写し

条件によって必要なもの

収入のある主婦が消費者金融に申込む場合や、現在他社からも借りていて、今回の申込みで総合計100万円借りることになる場合は返済能力を示すために収入証明書が必要になります。
また、キャッシング会社が定める提出が必要な金額に申込む場合も同様です。

キャッシング会社名収入証明書提出金額
イオン銀行カードローン
BIG
300万円を超える申込
みずほ銀行カードローン
みずほMyWing わたし応援ローン
なし
セブン銀行カードローンなし
三菱東京UFJ銀行カードローン
バンクイック
100万円を超える申込
じぶん銀行カードローン300万円を超える申込
東京スター銀行カードローン300万円を超える申込
楽天銀行スーパーローン300万円を超える申込
新生銀行カードローン
レイク
100万円を超える申込
アコム50万円を超える申込
プロミス50万円を超える申込
モビット50万円を超える申込
アイフル50万円を超える申込

収入証明書と書類

収入証明書は決まった書式の書類ではなく、『収入があること・金額がわかる書類』のことです。
下記の書類が収入証明書として認められています。

収入証明書として認められるもの請求先
源泉徴収表勤め先から年末にもらえる
課税明書類
非課税明書類
市役所・区役所の窓口で発行
給料明細書勤め先からもらう

本来は上記が望ましいですが、下記でも認められる場合があります。(市役所・区役所の窓口で発行)

・支払調書
・納税通知書
・青色申告決算書
・確定申告書
・収支内訳書
・年金証書
・年金通知書
・給与の支払明細書

引用元 – 証明書類 | 貸金業法について

初めての借入での必要書類は身分証明書だけ!

実際初めての申し込みではカードローン会社との信用を築けておらず、審査の限度額も少なめに設定されます。
審査で初回極度額が50万円を越えることはまずありません。

取引を続けていくうちに、限度額を上げる増額ができるようになります。(銀行カードローンに限りできない場合もあります。)
消費者金融で50万円以上希望する主婦以外は収入証明書は必要ないと考えてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。