Just another WordPress site

menu

主婦キャッシング解説※簡単!借りれらるカードローンの見分け方

主婦がキャッシングに申込み!審査ってどうなってるの?

審査内容は基本的に公表されていません。
カードローン審査は審査部の審査担当者が行います。
テレビ窓口やオペレーターに問い合わせたとしても、審査に関する情報を持っているわけではないので答えてもらえません。

審査項目は属性と借入状況に分かれています。

属性とは?

個人情報のことです。

  • 申込者の氏名
  • 住所と電話番号、携帯番号
  • 賃貸か持ち家かの住宅情報
  • 勤め先と勤め先の電話番号
  • 雇用形態、勤続年数
  • 年収

一般的な生活情報です。
申込み者がどの様な人物なのか?信用性できる人なのかを確認するためのもので、与信限度額を決めるものになります。

与信限度額とは?

簡単に言えば「いくら貸せるかどうか」の信用度になります。
「この人は10万円まで貸してもきちんと返してもらえるな」と判断されたら「与信が10万円ある」という言い方をします。
与信が10万円の人は、申込み時に5万円と希望しても審査結果を見たら利用限度額が10万円になっていることもあります。

借入状況とは?

現在すでにお金を借りているかどうかの情報です。

  • 現時点での他社借入があるか
  • 貸付残高はいくらか
  • 返済日
  • 返済の遅延や滞納がないか
  • 債務整理や自己破産がないか

すでに多額の借入がないかや借金履歴(カードローン利用履歴)、支払い能力を確認します。
改正貸金業法には「返済能力をしっかり判断すること」も法律で定められています。
また返済が滞るなど借りたお金をきちんと返せない人は信用度が下がります。

どんなに与信限度額が高い人でも信用がない、貸付条件を満たしていないと判断されれば審査に通過することはできません。

審査には2種類ある

仮審査と本審査があります。
仮審査は簡易審査とも呼ばれ、実際に申し込みをする前に無料で利用できるもので、利用履歴も残りません。

  • 職業(専業主婦も選ぶ項目が用意されています)
  • 借入希望額
  • 現在の他社借入件数

このように簡単な情報を入力するだけで借りられるかどうかを判断できます。

この判断は条件を数値化し、その数値で貸せるかどうかをコンピューターが自動審査するものです。
仮審査に通過しても本審査では落ちることもありえます。
申込み前のお試し審査ぐらいの気持ちで利用するといいですね。

本審査は実際に人の目で判断しています。
属性や借入状況などが掲載されている個人信用情報を照会し、審査基準を満たしているかを確認します。
無事審査に通過すれば本人確認が行われます。

審査に時間がかかることもある

「最短30分」「即日融資可能」など審査に時間がかからないこともカードローンの魅力の1つです。
しかし申込みが殺到すれば審査も混雑し、時間がかかることもありえます。
混雑状況はある程度問い合わせをすれば教えてもらえますが、時間がかかることもあると知っておきましょう。

「審査が甘い」「審査なし」「ブラック対象者OK」はありえない

審査基準が甘い・借入審査が全くない、ブラックリスト入りでも貸せますは絶対にありえません!
そのようなうたい文句の金融機関はヤミ金などの悪徳業者です。
法定金利を大きく上回る金利を請求される、悪質な取立てをするなどの違法な営業をしている可能性が高いです。
絶対に手を出してはいけません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。