Just another WordPress site

menu

主婦キャッシング解説※超簡単!借りれるカードローンの見分け方

主婦が借りらるカードローン、見分ける方法は収入のあり・なし!

あなたに収入があるかどうかです。
収入がなしの専業主婦でも借りられますが、申込みできるキャッシング会社が限られてきます。
『申込者本人に安定した収入があるか』が決め手です!

収入のない無職の専業主婦が借りられるキャッシング

総量規制対象外の銀行運営のカードローンなら申し込めます。

■お金の貸し借りに関する法律『総量規制』とは?
多重債務者を増やさないために2010年に作られた新しい貸金業法の1つです。

  • お金を借りる本人に収入があること
  • 貸す上限は収入(年収)の1/3までとする
  • 返済能力があるかを確認(審査)すること

主にこの3つがあげられます。
貸金業者は総量規制を守って営業しなければいけなくなりました。

消費者金融は貸金業法に基づいて総量規制の対象、銀行は銀行法に基づいて営業していますので総量規制の対象外となり、
専業主婦でも銀行カードローンなら借りられます。

銀行カードローンに申込む条件:
配偶者に『安定した収入があること』が条件になります。

主婦本人に収入はなくても配偶者に収入があれば、旦那の収入=夫婦の収入とみなす配偶者貸付が適用されるからです。

配偶者貸付の具体例

・夫婦ともに借入がない場合
夫:年収300万円
妻:年収0円
⇒夫婦で年収の300万円、年収の1/3の100万円まで借りられる

・夫に借入がある場合
夫:年収300万円、借入10万円
妻:0円、借入0円
⇒夫婦で年収の300万円、年収の1/3の100万円まで借りられるが夫が10万円借りているので90万円まで借りられる

ただし専業主婦は配偶者の収入のみで暮らしているので、収入の全てを返済にはあてられませんね。
そのため返済を重視し『専業主婦は30万円まで』など借入限度額が設定されています。

安定収入っていくらぐらい?

収入の多さではなく、月によって大きく変動がないことを指します。
お給料が1月は5万円で2月が30万円と極端に収入が多い月と少ない月がなければOKです。
サラリーマンであれば毎月ほぼ給与は一定なので安定収入と言えます。

どの銀行カードローンがおすすめ?

知名度の高い大手銀行のカードローンがおすすめです。
スピード審査で即日融資対応、利息も安く設定されています。

専業主婦に人気の銀行カードローン例
・イオン銀行カードローンBIG
・みずほ銀行カードローン
・セブン銀行カードローン
・三菱東京UFJ銀行カードローン
・新生銀行カードローンレイク
・楽天銀行スーパーローン

各銀行で貸し付け条件が大きく違うことはありませんが、専業主婦でも30万円借りれるカードローンもあれば50万円借りれるカードローンもあります。
条件を比較して申込む1社を決めましょう。
(専業主婦が申込めるカードローンの条件比較参考サイト:【専業主婦限定】借りれるカードローン最新情報

収入ありの主婦が借りられるキャッシング

アルバイト・パート・正社員、どんな雇用体系でも収入があれば消費者金融からも借りられます。
定期的収入があれば収入の多い・少ないは関係ありません。(融資限度額には影響します)

■消費者金融と銀行カードローンの違い
・サービスが充実している
無利息サービスやその場でカード発行可能な自動契約機(ローン申込機)がある会社が多い
・増額希望もOK
審査次第で借入総額を増やすことも可能(審査あり)

■限度額は審査で決まる
キャッシング枠がいくらになるかは審査によって決定します。
総量規制の年収1/3までで収入が多ければ多いほど多く借りられる傾向にあります。
しかし収入が多くても最初は50万円程度と考えておきましょう。
取引次第で限度額を増やしてもらうことは可能です。

50万円以上希望する場合は収入証明の提出が義務付けられています。

どの消費者金融がおすすめ?

消費者金融も規模の大小がありますがやはりCMでもおなじみの大手を選びましょう。
聞いたことのない消費者金融だと思っていたら実は闇金融だったというリスクも回避できます。

主婦に人気の消費者金融例
・アコム
・モビット
・アイフル
・プロミス

家族にバレずに借りられますか?

バレずに借りられます!
キャッシングの申し込みに旦那の同意書や保証人は必要ありません。
夫の会社に確認の電話が入ることもありません。

本人確認のために自分宛に在宅確認の電話連絡ありますが、キャッシング会社とわからないように配慮されています。
Web明細利用が利用でき、明細の郵送も断ることができます。

在宅確認って?

専業主婦なら自宅に、主婦なら職場に申込者がいるか確認電話が入ります。
これは断ることはできません。

しかし多くは専属女性オペレーターが山田など個人名でかけるので、キャッシング会社からの電話だとわかることはまずありません。
専業主婦は自宅の電話番号と一緒に携帯電話の電話番号を書いておくといいですね。

職場にかかってきた時に席を外していても「その場にいない=会社に在籍している」と確認できるので、必ず電話にでなくても構いません。

どこを見てるの?審査内容と審査基準

キャッシング審査は基本的に秘密にされているので公開されておらず、キャッシング会社によっても多少の違いがあるようです。
しかし長い歴史から大体の審査項目や通過できる基準はわかってきました。

  • 申込み時に嘘がないか?
  • すでに多くの借入や借入件数がないか?
  • 申込件数が多くないか?

最も重要なのは信用できる人物であるかどうかです。
貸してもきちんと返してもらえる人かどうかを確認し、いくらなら貸してもいいかを判断します。

借りたい気持ちから嘘の申告はバレるので審査落ちを回避するためにも正直に申告することが大切です。

キャッシングの申し込みに必要な書類は?

必要書類は基本的に本人確認書(運転免許証や保険証等)のみ、消費者金融に融資希望額が50万円以上希望の場合のみ収入証明書が必要です。
本人確認書は顔写真がある運転免許証が最も良いとされていますが、なければ保険証やパスポートのコピーでもOKです。

提出はFAXや携帯電話やスマホのカメラで撮影したものをメールに添付する方法もあります。
手間も時間もかかりません。

申込みからどの位待てば借りられる?

最短で当日借りられます。
申込み時間が早ければ早いほど即日融資が可能です。

金融機関が休みの土日祝でも無人契約機やテレビ窓口を利用すれば、審査が終わり次第借りられます。

申込み銀行に口座がなくても手持ちの口座に口座振込してもらえるサービスがある会社もあります。

カテゴリー

カレンダー

2015年5月
« 4月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031