Just another WordPress site

menu

主婦キャッシング解説※簡単!借りれらるカードローンの見分け方

主婦のキャシング利用は収入のあり・なしが重要!

主婦が借りられるカードローンは『自分に収入があるか・ないか』で分かれています。

収入ありの主婦収入なしの専業主婦
銀行カードローン・消費者金融・クレジットカード
(キャッシング枠での借入)で借りられる
銀行カードローンのみ借りられる

この区別は2010年に定められた『総力規制』というお金の貸し借りに規制を設けるための法律です。
主に以下の4つがあげられます。

  • お金を借りる本人に収入があること
  • 貸す上限は収入(年収)の1/3までとする
  • 返済能力があるかを確認(審査)すること
  • 金利の制限をまもること

2010年より前には貸金業者の審査も甘く専業主婦でも消費者金融からお金を借りることができました。
金利も高く、借りても返せなくなる多重債務者が増える原因に。
総量規制は健全な貸し借りを目指した法律です。

総量規制対象と総量規制対象外

金融会社は営業に当り守らなければいけない法律が決まっています。

総量規制は貸金業法の中の1つで、貸金業に課されたもの。
貸金業者でなければ総量規制は関係なく、『総量規制対象外』だと表現されます。

総量規制の対象になる貸金業者と総量規制対象外の貸金業者は以下の通りです。

  • 総量規制対象 ⇒ 消費者金融・クレジットカード(キャッシング枠での借入)
  • 総量規制対象外 ⇒ 銀行カードローン

銀行は貸金業ではなく銀行業。
銀行法という貸金業とは別の法律がベースになります。
総量規制は関係ないので、『どんな人にいくら貸すか』は銀行毎に審査基準を設けて判断しており、銀行によっては専業主婦の借入を認めています。

上記の理由から主婦はどの業者からでも申込可・専業主婦は銀行カードローンのみとなっています。

総量規制の例外『配偶者貸付』

総量規制が始まると、それまで消費者金融を利用していた専業主婦が借りられなくなり、生活が立ち行かなくなる家庭も出ると予想されました。
そこで救済処置として『配偶者貸付』が設けられました。

配偶者の収入を夫婦の収入(世帯収入)とみなすもので、この制度を利用すれば専業主婦でも消費者金融からの借り入れが可能。
具体例を挙げて説明します。

世帯年収借入可能金額
夫:年収300万円
現在借入なし

妻:年収0円
現在借入なし
年収の1/3の100万円まで借りられる
夫:年収300万円
現在の借入10万円

妻:0円
現在借入なし
年収の1/3の100万円まで借りられるが、夫が10万円借りているので
夫婦合算で残り90万円まで借りられる

配偶者貸付には条件がある

下記の書類を総量規制対象のローン会社に提出することが義務付けられています。

  1. 配偶者と婚姻関係がわかる書類(戸籍謄本や住民票の提出)
  2. 配偶者が借入に同意していることがわかる同意書

専業主婦はキャッシング利用者を家族に内緒にしておきたい人が多く、これでは秘密で借りることができません。
加えて大手消費者金融は書類の確認を手間だとし、配偶者貸付自体を認めておらす、専業主婦の利用を断っています。
(中小規模の消費者金融は利用可能です)

専業主婦が借りられる銀行キャッシングがある以上、配偶者貸付を利用してまで消費者金融で借りるメリットはありません。

主婦の限度額

キャッシング会社は信用貸しでお金を貸しています。
審査で返済能力を確認、社内の審査基準に基づきいくらなら貸しても大丈夫かを決めています。

主婦は単純に年収が多ければおいほど限度額が高くなりますが、他社での借入や属性も考慮されます。
専業主婦は生活費からの返済を考慮し銀行が制限しており、30から50万円までが一般的です。

主婦が借りる時の金利(実質年率)

『多く借りられる人ほど安くなる』のが金利です。
限度額が200万円の人・限度額が50万円の人では、同じ金額を借りても200万円借りられる人の方が金利が安くなるシステムです。

カードローン会社では『4.5%~18.0%』と最高金利と最低金利が示されています。
最初から多く借りられない主婦は後ろの18.0%の最高金利で借りることになります。

最高金利の数字が低ければ低いほど、『低金利なカードローン』とされ、返済時に支払う利息が小額で済みます。

ローンに申込むための条件

  1. 自分または配偶者に安定した収入があること
  2. アルバイト・パート・契約社員・正社員とどんな雇用体系でもOK。
    毎月もらえる金額がほぼ一定であることが条件で、多い・少ないは関係ありません。
    (融資限度額には影響します)

  3. 本人確認書の提出
  4. 契約時に必要です。
    運転免許証・パスポート・健康保険証のいずれか1つ。

収入証明書

各金融機関によって収入証明書を提出しなければいけない申込金額が決まっています。
その金額は安くて100万円、多くて300万円など。
主婦でその金額まで借りたいのであれば提出しなければいけませんが、それ以外は不要です。

同意書と担保

信用貸しであることからも不要です。
気軽に借りられるように考えられています。

わざわざ書類をそろえなくても借りられるように考えられており、主婦でも家族に内緒で借りられます!
※必要書類について詳しくはコチラ ⇒ たったこれだけ!主婦がキャッシングするときの必要書類

銀行カードローンと消費者金融を区別できる?

レイクは昔は消費者金融でしたが、現在は新生銀行が運営している銀行カードローンです。
このようにキャッシング会社名だけでは、銀行カードローンか消費者金融かの判断ができない場合も。
そこで一目でわかる!大手銀行カードローンと消費者金融の一覧表を作成しました。

キャッシング会社名区分金利融資限度額
イオン銀行カードローンBIG総量規制対処外の銀行カードローン
(専業主婦申込OK)
3.8%~13.8%30万円~800万円
(専業主婦は50万円まで)
みずほ銀行カードローン
みずほMyWing わたし応援ローン
総量規制対処外の銀行カードローン
(専業主婦申込OK)
9.0%~14.0%10万円~200万円
(専業主婦は30万円まで)
セブン銀行カードローン総量規制対処外の銀行カードローン
(専業主婦申込OK)
15%10万円・30万円・50万円から選ぶ
三菱東京UFJ銀行カードローン
バンクイック
総量規制対処外の銀行カードローン
(専業主婦申込OK)
4.6%~14.6%10万円~500万円
(専業主婦は30万円まで)
じぶん銀行カードローン総量規制対処外の銀行カードローン
(専業主婦申込OK)
3.9%~17.5%10万円~500万円
(専業主婦は30万円まで)
東京スター銀行カードローン総量規制対処外の銀行カードローン
(専業主婦申込OK)
4.5%~14.6%10万円~500万円
(専業主婦の制限なし)
楽天銀行スーパーローン総量規制対処外の銀行カードローン
(専業主婦申込OK)
4.9%~14.5%10万円~500万円
(専業主婦は30万円まで
新生銀行カードローンレイク総量規制対処外の銀行カードローン
(専業主婦申込OK)
4.5%~18.0%1万円~500万円
(専業主婦は30万円まで)
アコム総量規制対処の消費者金融
(専業主婦申込NG)
4.7%~18.0%1万円~500万円
プロミス総量規制対処の消費者金融
(専業主婦申込NG)
4.5%~17.8%1万円~500万円
モビット総量規制対処の消費者金融
(専業主婦申込NG)
4.8%~18.0%1万円~500万円
アイフル総量規制対処の消費者金融
(専業主婦申込NG)
4.5%~18.0%1,000円~500万円